もう基本、古着でよいかも

ブランド衣服の買取を何度も利用している身として、例えば2万円で買った銀座かねまつの靴が、10円やら200円だと正直「うーん・・・」と考えてしまいます。

ほとんど履いていないとしても、新しさがなくなると、物としては100分の1(もしくは2000分の1!)の価値になり、そういう値段になってしまうようです。

じゃああとの19,800円(もしくは19,990円)は?というと「新品を楽しむコスト」ですよね。

新品をおろす時は確かに気分は最高だし、運気を気にするとすれば、そういう意味でも理想的でしょう。

でもなあ・・・と。

私は若い頃から服飾品を買うのが大好きでした。

これは結婚して主婦になるまでの楽しみなのだから、それまでは好きにファッションを満喫しよう!と、ずっと思ってきたんですが、いざ結婚して主婦になってみても、一向に買い物を止めたくなりません(笑)。

母には常々、そんなにパカパカ服を買えるのは今だけ、結婚したらもっと財布を引き締めなきゃいけない、もっとお金の使い道を考えなさい、とよく言われていて、それは確かにその通りでした。

でもそこに現れたのが、ZOZOUSEDやベクトル等、ユーズド品のネットショップです。

バッグにポンと3万、5万、そういう買い物はしなくなりましたが、定価5万円のバッグが8,000円になっていたら買う、そういう方向にシフト気味のこの頃。

なるべく使うお金をセーブして、値打ち物、掘り出し物を探す楽しみを味わっている感じです。

なので多分これはもう、主婦だから独身だからという話ではなく、私個人の趣味なのだと最近は思うようになりました。

独身の頃は、といってもしがないOLでしたから大して稼ぎはありませんでしたが、それでも靴は2万円くらい、スーツなら5万円は当たり前、という感覚で、月に10万円くらいは平気でファッション費に使うこともありました。

そして結局、その頃使っていた品のようなクオリティを今店頭で求めると、体感的にその当時より大分価格が上がっているし、服の作りや質感はだいぶペラペラになりました。

当時と今では社会情勢も違うので、バブルの頃のような品物は期待しても仕方がないんですよね。

一言でいうと、当時と同じ金額を出しても、品物に対する満足感が減りました。

だったらもう全般的に古着でよいかな?と。

というかむしろ古着の方が、バラエティに富んだ服がたくさんあります。

Sex and the Cityのキャリーなども、マノロの靴に古着屋で7ドルで買ったワンピース、なんていうコーディネートをしていましたが、小物は良い物を揃えるにしても、もはや服はそういう感じで良いかもしれません。

あとは体型を保つことです。

この間もある古着屋で、ウンガロのワンピースが5,000円で売られていました。

もし同じ5,000円を使うなら、しまむらやGUで新品を買うより、個人的にはそっちの方が満足度が高いです。

まあ社会情勢や自分の懐具合など、色々絡んでのことですが(そりゃあウンガロを新品で買えるのが一番でしょうけど・笑)これからは今以上に古着のワードローブが増えそうな気がします。

掘り出し物はここで

ZOZOUSEDはちょっとおしゃれな普段着からおでかけ着が豊富で、ウンガロやジバンシー、サンローラン等なら、ベクトルパークで結構見つかります。


エーザイの「美チョコラ」無料で試してみませんか?

エイジングが気になる世代の女性向けとして、エーザイが新しいエイジングケアサプリを開発。これを記念して、7日間分(21粒)を無料でお試しの後、アンケートに回答して下さるモニターを募集しています。

もしあなたが

30歳以上の女性

で、コラーゲンサプリに興味ある方なら、今すぐモニターにご参加いただけます。

詳細・お申し込みは>> 『美チョコラ』無料モニター募集

 

 

   

 - チープシック , ,