大人のお洒落に迫る危機、立ちはだかる壁

以前は個性的なデザインがどこかにあるような、普通とは少し違う服を好んで着ていました。

そういう服は小物やアクセサリーを足さなくても、着るだけでピタっと決まるし、服そのものにパワーと個性があるのでコーディネイトを考えずに済み、楽です。

ただし問題は飽きるのが早い事と、他の服との組み合わせが難しいことです。

すぐに飽きるということは、それだけ印象が強く強烈なためで、ということはつまり、他の人の印象にも残りやすく、着回しがしづらくなります。

するとまた新しい刺激、新しい見栄えが欲しくて服を買ってしまいます。

基本的に服が好きなので、新しい服を買えることは嬉しいことなんですが、リサイクルショップにそうした服を持っていくと、2万円で買った服でも100円とか言われてしまいます。

最初はあまり気にしていませんでしたが、何度かそういう事を繰り返すうちに「じゃあ私の払ったお金の残り、1万9900円は何の代金だったんだろう?」と思うようになりました。

それに対する私なりの答えは、新しい服に袖を通す楽しさ、旬のスタイルを身につける優越感です。

となると、その代金として1万9900円は適正かどうか?という話になります。

新品の服の値段は、素材や縫い賃だけでなく、その一枚にかかわったデザイナーやパタンナー、流通メーカー、広告費など、様々な要素が積み重なった結果、決められた値段です。

だからそうした人たちにこれからも素敵な服を作り続けてもらうためにも、不当な安売りはいけないと思います。

しかしそれにしても1シーズンの楽しさのために、1枚あたり1~2万円をかけるのはどうなのか?

段々自分が年齢を重ねるにつれ、お洒落以外にお金をかけるべき事も増えてきて、やはりそういうお金の使い方はもったいないと思うようになりました。

それは今の年齢だからそう思うようになったと思います。

若い時はお洒落が生きがいの時期もあるだろうし、何を着ても綺麗だし、恋愛もあるので、お洒落にお金を使いたくなるものです。

そういう時期はお洒落の欲望を抑えつけ過ぎるのは不健康だし、若い時しか似合わない服もあるので、大いに満喫したら良いと思います。

でもある程度の年齢になったら、出費の配分を変えざるを得ないし、そうなるとお洒落の優先順位はかなり下がります。

そこでお洒落を一気に諦めるのは悲しすぎるけど、かけられるお金は限られる、じゃあどうしたらいいか?

ここで考える事や工夫を放棄してしまうと、恐ろしい危機がやってきます。

汚れの目立たない色の服を着たきりスズメ、つっかけ履きでも気にしない、どんどんそうなってしまいそうです。

そういう壁にぶち当たった時、壁を乗り越える答えになりそうなのが「チープシック」でした。

エーザイの「美チョコラ」無料で試してみませんか?

エイジングが気になる世代の女性向けとして、エーザイが新しいエイジングケアサプリを開発。これを記念して、7日間分(21粒)を無料でお試しの後、アンケートに回答して下さるモニターを募集しています。

もしあなたが

30歳以上の女性

で、コラーゲンサプリに興味ある方なら、今すぐモニターにご参加いただけます。

詳細・お申し込みは>> 『美チョコラ』無料モニター募集

 

 

      2016/04/17

 - チープシック