ブランド衣服、なるべく高く買い取ってもらうコツ5つ

今まで自分が大切に着ていた衣服は、なるべく高く買い取ってもらえたら嬉しいですよね。

その際どこに売るかも重要ながら、査定に出す前にひと手間かけるのも大切ではないかと思います。

私がなるべく良い査定額を出してもらうため、いつも心がけているのは


1.洗濯、クリーニングを済ませておく

当たり前のことかもしれませんが、やはりどんな衣服でも、清潔に管理されている事が大切だと思います。

普通に洗えるものであれば、身に着けている段階からシミ汚れなどをつけないように、もし汚れてしまったら、すぐに洗って汚れが残らないように心がけます。

また多少時間がたっていても、薄めのシミであればザウトで結構落とせます洗濯時にあると便利なグッズについてはこちらの記事をどうぞ)。

とにかく少しでも汚れが残ってしまうと、査定額に響いてきますので、日ごろから出来る限り綺麗に管理するようにしています。



2.アイロンがけをする

査定員さんも人の子ですから、第一印象でしわくちゃの衣類よりも、きちんとアイロンがけをされている衣類の方が受け取った時の印象が良いはずです。

また綺麗に洗濯がされアイロンがけもされている事で、大切に手入れをされてきた、イコール傷みが少ない衣類であることをアピール出来るのでは、と思います。

更にこれには衣類に対して、今までお世話になった事に感謝する意味もあり、何となく物は大事にした分、また良い物が巡ってくるような、そんな気がするので、手放す前の最後の恩返しという意味でも、アイロンがけはおすすめです。

ただ内側に縫われている成分・洗濯表示のタグは、高温のアイロンで溶けてしまう事がありますので注意してください。



3.出番の少ない服、着ないと思った服はなるべく早く査定に出す

これまでの経験から、ブランド衣服の買取において比較的高い査定額をつけてもらえるのは発売から2年以内、という実感を得ています。

長く愛用するなら全くそれで良いのですが、もし着る機会が無いとか、いまいちしっくり来ないと思う服なら、多分あまり着ないうちに古びてしまう可能性が高いです。

であれば、思い切って新しいうちに査定に出してしまった方が良いでしょう。



4.同じデザインでも定番色の方が査定額が高い傾向にある

売りに出した服は、どこかでリサイクル品として再び販売されています。

そうなると買取業者さん側から見て、売れやすい服の方が欲しがられ、結果高い査定額をつけてもらえる事に繋がります。

ですから例えば、同じブランドで同じデザインのジャケットがあったとして、片方は色がピンク、片方は黒となると、黒色の方が売れやすいと考えられ、ピンクの物より高値をつけてもらえる傾向があるように思います。

私の経験からは、特にジャケットやコートなどの大物になるとやはり黒、グレー、ブラウン、ベージュ、白、ネイビー、こういった色の方が、珍しい色のものより良い値がついたように感じます。



5.可能なら何社か比較検討する

「可能なら」としたのは、これは結構面倒かつ手間もかかる事だからです(笑)。

ただ私の行った比較調査を見ていただけるとわかる通り、もし一社だけの査定で決めていたら、最終的にその10倍近くで買い取ってもらえた衣服を、ほぼ10分の1の値段で手放していたところでした。

とはいえここまでの開きが生じたのは多分レアケースで、世界的に人気のあるハイブランドか、今旬のブランド、または希少価値があると思える品に限っての話になるかと思います。

この調査の時は、CARVENのジャケットには私も密かに期待をかけていて、結果としてハグオールさんがその期待に一番応えて下さった形です。

しかしはっきり言って、結果は有益でしたが手間暇もかかるので、実際には「そんな時間ない!」という方がほとんどのはず。

そういう方のためにブランド衣類の買取調査をまとめたページがありますので、時間を節約したい方は、どうぞそちらをお役立て下さい。



・・・と、まあざっと思いついたポイントを書き出してみました。

どれも感覚的に当たり前の事として、やっておられる方も多いと思いますが、どれも意識しないよりはした良い結果が得られると思いますので、ぜひお試しください。

エーザイの「美チョコラ」無料で試してみませんか?

エイジングが気になる世代の女性向けとして、エーザイが新しいエイジングケアサプリを開発。これを記念して、7日間分(21粒)を無料でお試しの後、アンケートに回答して下さるモニターを募集しています。

もしあなたが

30歳以上の女性

で、コラーゲンサプリに興味ある方なら、今すぐモニターにご参加いただけます。

詳細・お申し込みは>> 『美チョコラ』無料モニター募集

 

 

   

 - ブランド品買取体験と高く売るコツ