K10と、K18の色の違い

K10のアクセサリーには、デザイン的に繊細で素敵な物がたくさんある、でも、手持ちのK18との色味はどのくらい違うのか?気になる方は多いではないでしょうか。

そこで今回は、K10とK18の色味の違いを写真でお見せしたいと思います。

まずはK10YGのペンダントトップと、K18YGのチェーンを合わせると、こんな感じになります。

K10YGとK18YGの色味の違い


ざっと計算すると、K10の金の含有量はK18の約半分、その分だけやはり色味は薄くなっていると思います。

ただしこのような近距離でじーっと人のネックレスを見つめる人は、実際にはほとんどいません。

普通に街を歩いていて、すれ違う人に「色が違う」という印象を与えることはほとんどないと思いますし、カフェなどで対面で座っている人に「ペントップの方が若干色が薄いな」と思われることも、個人的にはほとんどないと思います。

またこうしたサークル型のトップは表面積が大きいので、その分色味の違いが分かりやすいですが、もっと立体的で小さな造形のトップだと、色味の違いはかなり分かりづらくなると思います。

そして次はK10PGのペンダントトップと、K18PGのチェーンの組み合わせです。

K10PGとK18PGの色味の違い


どうでしょうか?

これだけ接写してみても、色味の違いはほとんど分からないと思います。

ピングゴールドの場合、割金の銅がピンクの色味を醸し出すわけですが、銅の色が元々とても強いせいか、K10でもK18でも、ほとんど差が出ないように思います。

私の場合は、汗をかく首筋に密着するチェーンだけは、アレルギーの予防の意味もあってK18にしているのですが、そういった心配のない方は、ピンクゴールドに関してはK10でもK18でも、見た目にはほとんど変わりないので、より手頃な価格のK10で充分かな?と思っています。

更にホワイトゴールドの場合は、K10でもK18でもロジウムメッキをされていますので、見た目だけならまったく差異はないと思います。

基本的には自分のアクセサリーのクオリティがどのくらいかは、身に着ける本人だけが知る事ですから、高くても本物が良いのか、見た目があまり変わらないなら手頃なK10の方が良いのか、体質やおしゃれのポリシー、お財布と相談しながら、自分に合ったスタイルで楽しめれば良いですよね。


エーザイの「美チョコラ」無料で試してみませんか?

エイジングが気になる世代の女性向けとして、エーザイが新しいエイジングケアサプリを開発。これを記念して、7日間分(21粒)を無料でお試しの後、アンケートに回答して下さるモニターを募集しています。

もしあなたが

30歳以上の女性

で、コラーゲンサプリに興味ある方なら、今すぐモニターにご参加いただけます。

詳細・お申し込みは>> 『美チョコラ』無料モニター募集

 

 

   

 - ジュエリー , , , ,