ゴールド、プラチナのアクセサリー

夏は薄着になるせいか、そして自分がもうあまり若くなったせいか、数年前から暑くなってくるとアクセサリーを着けたくなるようになりました。

秋冬の首回りはもっぱらストールやスカーフなんですが、気温が高い時期にはさすがに無理があります。

でも首回りに何もないのは少しさみしい・・・というわけでアクセサリーの出番です。

それも汗で変色したり、着けているうちに肌が黒ずむのは避けたいので、メッキ製品やシルバーはしたくありません。

そうなるとゴールドかプラチナになりますので、欲しいからといってザクザク買えるはずもなく、少しづつ、コツコツと集めていく必要があります。

今は貴金属の値段も上がっているので、以前は見かけなかったK10ゴールドというのも主流になってきました。

前はK10はちょっと、やっぱりK18でなければ、と思っていましたが、昨今ボリュームのあるアクセサリーをK18で欲しいとなると、お値段は二ケタです。

その点K10はほぼ半値(割高な物もありますが)なので、最近はボリュームを求めたい場合はK10でも良いかなと思うようになりました。

K10とK18を一緒に着けると、K10の方が若干色味が薄いのは確かですが、劣化もほとんど無く、長い期間ゴールドの輝きを楽しめます。

ここ数年はそうしてコツコツ集めたネックレスの重ねづけが、夏の定番です。

あまりお金をかけず、ボリューム感を楽しみたい場合は、K10のプレートやコイン型のネックレスが重宝します。

直径1センチほどのコイン型でも光を反射するとかなり目立つので、他のネックレスが小ぶりのモチーフでも、一つそういう光を反射する板のようなネックレスを加えると、全体がボリュームアップする気がします。

ダイヤモンドのネックレスは、価格の割に着けた時のボリューム感は少なく、控えめな美しさなので、夏の日差しに負けない存在感という意味では、地金のアクセサリーの方が好みです。

そこそこの大きさのダイヤ一粒ネックレスを買う予算で、かなりずっしり来る地金のアクセサリーが買えるでしょう。

もし将来的に飽きて売りたいとなった場合でも重さで取引されるので、地金たっぷりの物であれば同額のダイヤモンドのネックレスより換金率も良いのではないかと思います。

資産と呼べるダイヤモンドはそうそう手に入れる事は出来ませんが、地金はそのまま重さが価値基準となるので、アクセサリーとしての役割だけでなく、庶民が買い集められる資産という意味でも、ゴールドやプラチナのアクセサリーを揃えるのは長い目で見て良い投資になるように思います。

エーザイの「美チョコラ」無料で試してみませんか?

エイジングが気になる世代の女性向けとして、エーザイが新しいエイジングケアサプリを開発。これを記念して、7日間分(21粒)を無料でお試しの後、アンケートに回答して下さるモニターを募集しています。

もしあなたが

30歳以上の女性

で、コラーゲンサプリに興味ある方なら、今すぐモニターにご参加いただけます。

詳細・お申し込みは>> 『美チョコラ』無料モニター募集

 

 

   

 - ジュエリー