100円のイッタラティーマ

「大人のおしゃれ」をアレコレ考えるコンセプトでやっているブログですが、そこに家の内側のあれこれも含めていくことにしました(笑)。

まずは食器です。

きっかけは些細なことで、たまたま入ったリサイクルショップで、イッタラのティーマ(黒 23㎝)をたった100円で買ってしまったことでした。

多分、そこの店主さんはイッタラの皿を知らなかったんだろうと思います。

ちょうどオープンしたばかりのお店で「どれでも100円」のワゴンコーナーに、それは一枚だけありました。

イッタラのティーマ 黒


よく見ればもちろんそれなりに傷もあるんですが、まあ100円なら、と思って買って帰り、使ってみると、やっぱり皆さんが良いと言うだけのことはあるなあと、遅まきながら気づかされました。

大したことないパスタでも、イッタラにこんもり盛り付けると、まあ何だかいい感じに見える(完全に自己満足ですが)。

とりあえず迷ったらティーマ出しとくか、という感じで使いやすく、和でも洋でも受け止めてくれる万能感があるんですね。

1199円(送料別)
1099円(送料別)
1337円(送料別)


それでリサイクルショップで気軽に買えるのなら、もう少し食器のことを勉強して色々と揃えてみようかなという気になったわけです。

ただこんな破格で売っているのは滅多になく、また一枚だけでは揃わないので、のちに同じものを買い足して使っています(ティーマの黒、23㎝は廃盤品なので、メルカリで探しました)。

イッタラのティーマはニトリでも似たようなのを各色売っていて、そのうちの一色を使っているんですが、比べてみるとやっぱりニトリとは違うんですよね、不思議と。

100円のティーマを使ったくらいで何言ってんだ、なんですが(笑)。

なるほどこれが器の力なのかなあ・・・と少し分かった気がしました。

あと今まで心の中で「器に凝り出せばきりがない、とても我が家には手が出せない趣味だ」と、勝手にブレーキをかけすぎていたかもしれません。

でもリサイクルショップやフリマアプリという手があったんですよね(笑)。

新品をデパートで買い揃えるのは難しいけれど、勉強して見る目を養えば、そして身の丈にあった範囲で良い品を普段使いできれば、食卓から暮らしをもっと楽しくしていけそうだと思ったのです。

ですからこれまで使っていた器を少しずつ入れ替えるべくコツコツと、あまりお金をかけ過ぎない範囲で集めていく様子を、これから綴っていきます。


 

こんな記事もよく読まれています

1
ブランド服の買取業者、比較してみました(ブランディア、ブランドゥール、RINKAN、ハグオール編)

「いらない服を売りたいんだけど、どこが一番高く買ってくれるかな?」、こんな疑問を ...

2
オールドコーチを洗って磨いて再生させる

そろそろ大人のリュックもまた、良いのでは?と思って、それなりに上質な革のリュック ...

3
GSTVのダイヤ、京セラのダイヤ

いつの頃からやっているのか分かりませんが、最近BS-TBSで深夜に放送している「 ...

4
貴金属・ブランドジュエリーの買取業者、比較してみました(おたからや、大吉、リファウンデーション編)

ブランド服の買取業者、比較してみました(ブランディア、ブランドゥール、RINKA ...

5
シミ、若返り、肘・膝の黒ずみ除去、ひまし油のビックリ効果

私がひまし油を使い始めたきっかけは、ひまし油と重曹を混ぜた「カソーダ」がシミを取 ...

      2019/12/06

 - 食器・インテリア