ドルチェグストが我が家にやって来た

もう分かりやすく、食器並びにティータイムの充実を図りたくて図りたくて、ティーカップを買いました。

カップを買ったら中身だよね、というわけで、前から気になっておりましたドルチェグストを導入してみました。

ドルチェグストが届きましたカプセルと本体のマシンは別便で届きます


ドルチェグストが届きましたマシンは何とタダ(無料レンタル)です


ドルチェグストは京都かどこかに行ったときに、ホテルで味わったのが初めてだったと思うのですが、非常に美味しいコーヒーだったのを覚えており、あれを家でいつか・・・と思っていたのです。

今までコーヒーは挽き豆をドリップして楽しんでいましたが、朝なんかはついメンドウで(笑)雑な入れ方で飲んでいました。

また複数人分淹れるとなると、時間もかかる。

更に今のように冬ならばカップもポットもあらかじめ温めておかないと、淹れ立てでもすぐぬるくなってしまいます。

美味しいコーヒーを飲むには仕方ない手間なんですが、ドルチェグストを知った今では、毎日異次元の美味しさをストレスフリーで楽しめています。

ドルチェグストが届きましたこれで大体、夫婦二人の二か月分


ドルチェグストのマシン本体はネスレ通販からカプセルの定期購入をすると、無料で貸してもらえます

このマシン、普通に買うと7,000円くらい。

リサイクルショップでも3,000~5,000円くらいで売られているのを見かけますが、もし故障などあった際、レンタルならば無料で新しいマシンを送ってもらえますが、購入した場合だと修理は実費です。

なのであんまり買う意味がないかな、と思います。

ドルチェグストが届きましたペンギンのようで可愛い「ジェニオ2」くん


ドルチェグストが届きました水のタンクは背中に背負ってます


ドルチェグストの使い方は簡単で、後ろに背負ったタンクに水を入れたらスイッチオン。

電源ボタンの赤い点滅が緑になったらスタンバイ完了の合図なので、カプセルをセット。

水量メモリをカプセルの指示通りに合わせ、レバーを倒すとドリンクが出てきます。

ドルチェグストの宇治抹茶京都宇治のお抹茶


上の宇治抹茶の場合、水量レベルは「3」。

ドルチェグストの宇治抹茶わっ、少な・・・くない?


ほんの数十秒で出来上がり!

だけど・・・宇治抹茶は量が少ない(お抹茶はそういうものでしょうけど)・・・!

味はとても美味しくて、ネスレ推奨の楽しみ方は氷を浮かべた「アイス抹茶」。

これは春夏にピッタリの上品で爽やかな飲み物です。

とはいえ、やはりドルチェグストの真骨頂はコーヒーとカフェ・マキアートの素晴らしさです。

特にカフェ・マキアートは、滑らかなフォームドミルクとカフェの仕上がり具合が、お店の物と同レベルと感じます。

流石にきちんと喫茶店の方が淹れてくれたものとは違いますが、最低でもテイクアウト系のカフェとは肩を並べるクラスじゃないかと。

ドルチェグストのラテ量もたっぷり、クリーミーで美味しいラテが出来ました


実際、ドルチェグストを家に置いてから、以前は買い物途中に一休みしていたカフェにはあまり行かなくなってしまいました(笑)。

お店で飲みむカフェラテの何が嬉しいって、あのフワフワクリーミーなミルクですよね。

家であのフォームドミルクを作るのは大変です。

それがドルチェグストだと、ほんの数十秒で出来てしまうんです。

しかもお店だと大体、フォームドミルクのラテ一杯が400円前後で、夫と二人だと700~800円。

それがドルチェグストだと一杯約120円、二人分で240円なので約三分の一と、断然お安い。

もちろん外出先でお店に入る楽しさは比較になりませんが、舌触りや香り、味わいは負けていないと個人的には思います。

なので最近はカフェに立ち寄るよりも、家に帰ってドルチェグストしようよ、となっています。

それと副次的な良さとして、これが一台あると、何だかんだ集まってお茶をする(笑)。

あんまりコーヒーを飲まなかった夫も、何だかんだ飲みます(マシンが楽しいみたいです)。

そうすると会話が増えて、家の中がぐっと和らぐ感じがあるんですね。

皆にとっての寛ぎの時間がドルチェグストを通じて増えるし、何となく「上質な時間」っぽい雰囲気(自分でいうか・笑)が出るんです。

もちろんコーヒーそのものが、私の雑なドリップやインスタントとは比較にならないくらい美味しいのは嬉しいんですが、それ以上に良い時間・穏やかな時間が増えて会話も増えて、家の雰囲気が向上している感じ。

「早く帰りたくなる居心地よい家」の演出に大きな効果を発揮してくれているのが嬉しい副産物でした。

お店と同じくらい美味しいコーヒーを自宅で手軽に

もちろん家族だけなく親族やお客様にも好評で、色々な味を楽しみながら、おしゃべりも弾みます。

これは使ってみると欲しくなる物の典型で、母もコーヒーが好きなので、我が家でドルチェグスト体験(すっごい美味しい!と感激)をしたあと、自宅に導入したようです(笑)。

母は独身時代に某有名コーヒー飲料メーカーに勤めていた人で、私が子供のころは家でサイフォン式コーヒーを嗜んでいました。

そういう人が美味しい!と太鼓判を押したくらいなので、ドルチェグストはかなり本格的な美味しさなのだと思います。


 

こんな記事もよく読まれています

1
ブランド服の買取業者、比較してみました(ブランディア、ブランドゥール、RINKAN、ハグオール編)

「いらない服を売りたいんだけど、どこが一番高く買ってくれるかな?」、こんな疑問を ...

2
オールドコーチを洗って磨いて再生させる

そろそろ大人のリュックもまた、良いのでは?と思って、それなりに上質な革のリュック ...

3
GSTVのダイヤ、京セラのダイヤ

いつの頃からやっているのか分かりませんが、最近BS-TBSで深夜に放送している「 ...

4
貴金属・ブランドジュエリーの買取業者、比較してみました(おたからや、大吉、リファウンデーション編)

ブランド服の買取業者、比較してみました(ブランディア、ブランドゥール、RINKA ...

5
シミ、若返り、肘・膝の黒ずみ除去、ひまし油のビックリ効果

私がひまし油を使い始めたきっかけは、ひまし油と重曹を混ぜた「カソーダ」がシミを取 ...

   

 - 食器・インテリア